不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法

不倫?まさか浮気されるなんて。どうしよう。何をしたら良いの。浮気相手に慰謝料?初めてのことだし、後悔しないためにも、自分の気持ちを整理をするためにも、弁護士さんのところに相談にいく前に慰謝料請求や離婚のことについて知っておきたい。
不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法トップ > 浮気 慰謝料請求 > 浮気相手にいくら慰謝料請求

スポンサードリンク

浮気相手にいくら慰謝料請求

浮気相手にどれくらいの慰謝料請求ができますか?


とにかく慰謝料請求金額は、それぞれのケースによって
違ってきますので一概には言えませんが、
慰謝料の相場は300万円くらいだと言われています。

慰謝料請求は不貞行為が理由で夫婦関係の破綻がおき
離婚した場合、浮気・不貞・不倫を行った配偶者、
そしてその浮気相手に対して請求できます。
また、離婚しなくても慰謝料請求は可能です。

たとえば配偶者の浮気が原因で夫婦関係が破綻になった場合と、
貞操義務に違反した配偶者と話し合って夫婦関係が
そのまま続いた場合とでは、精神的苦痛の受け方が違います。

また、浮気癖がある配偶者の積極的なアプローチなどで
不貞行為に至った場合には、浮気相手の責任は二次的なものとして
慰謝料が低額になる場合もあります。

また、浮気が長期間継続していた場合は
精神的苦痛も長期間継続していたものと考えられるので
慰謝料が高額になるケースもあります。

配偶者が相手に対して、暴力や脅迫によって関係を持った場合なども
浮気相手に対しての慰謝料請求は、難しくなります。

具体的には不倫の交際期間、請求される側の年収、
離婚に至った原因や動機、不法行為の度合い、
精神的な苦痛の程度、資産状況や 生活能力、
年齢・職業・社会的地位、結婚・別居期間などで
変わってくるようです。

慰謝料請求には時効があり、
不貞行為の相手が分かっている時は、
最後の肉体関係があったときから3年以内に慰謝料請求しなければ
時効消滅します。

配偶者に対する慰謝料請求は、離婚しない場合は
不貞行為を知ったときから3年以内、
離婚した場合は、離婚の成立した日から3年以内で
慰謝料請求できます。

スポンサードリンク

慰謝料請求の為の浮気調査仕返しに慰謝料請求浮気相手に示談書浮気相手に仕返し離婚後もできる慰謝料請慰謝料請求はどこに相談離婚の方法は離婚協議書とはどんなもの内容証明郵便とは証拠は必要ですか慰謝料請求ができない慰謝料請求はどのように浮気相手にいくら慰謝料請求不貞行為で慰謝料請求

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。