不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法

不倫?まさか浮気されるなんて。どうしよう。何をしたら良いの。浮気相手に慰謝料?初めてのことだし、後悔しないためにも、自分の気持ちを整理をするためにも、弁護士さんのところに相談にいく前に慰謝料請求や離婚のことについて知っておきたい。
不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法トップ > 浮気 慰謝料請求 > 慰謝料請求はどのように

スポンサードリンク

慰謝料請求はどのように

浮気相手にする慰謝料請求はどのようにしたらよいでしょうか?


まず浮気相手との話し合いの場がもてるようなら
直接会って、慰謝料の金額や支払方法を
話し合いの上決めていきます。

話し合いが成立したら、その内容や合意事項を
「合意書」や「誓約書」などの書面にして、
その場で両者が署名捺印し、後日の証拠として保管しておきます。


浮気相手が話し合いに応じない場合や、
浮気相手の顔も見たくないし直接会いたくもないという場合は、
内容証明郵便で慰謝料請求をします。

内容証明郵便の作成には、郵便規則で字数や行数、
形式が細かく決まっているので
できれば専門家に依頼したほうが間違いないでしょう。


内容証明郵便を出した後、浮気相手からの返事がない場合や、
慰謝料の金額に合意しない場合などは
家庭裁判所に調停を申し立てます。

調停は裁判所が仲介に入り、交互に事情を聞き、
お互いが合意して解決できるように
話し合いをすすめてくれる制度です。


浮気相手に対しては、調停を経ないで
いきなり訴訟を提起することもできます。

配偶者に対しては、家庭内の問題となるので
家庭裁判所の調停手続きを経てからでないと
裁判を起こす事はできません。

どちらも弁護士を依頼して進めた方が良いでしょう。

タグ:慰謝料請求

スポンサードリンク

慰謝料請求の為の浮気調査仕返しに慰謝料請求浮気相手に示談書浮気相手に仕返し離婚後もできる慰謝料請慰謝料請求はどこに相談離婚の方法は離婚協議書とはどんなもの内容証明郵便とは証拠は必要ですか慰謝料請求ができない慰謝料請求はどのように浮気相手にいくら慰謝料請求不貞行為で慰謝料請求

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。