不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法

不倫?まさか浮気されるなんて。どうしよう。何をしたら良いの。浮気相手に慰謝料?初めてのことだし、後悔しないためにも、自分の気持ちを整理をするためにも、弁護士さんのところに相談にいく前に慰謝料請求や離婚のことについて知っておきたい。
不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法トップ > 浮気 慰謝料請求 > 離婚後もできる慰謝料請求

スポンサードリンク

離婚後もできる慰謝料請求

離婚後であっても慰謝料請求できますか?


離婚後であっても、離婚成立から3年以内であれば
慰謝料請求できます。

離婚に伴う慰謝料は、離婚が成立した時点で発生しますので、
離婚が成立した時から3年間が計算されることになります。

慰謝料請求には時効があるわけですが、
不貞行為の相手が分かっている時は、最後の肉体関係が
あったときから3年以内に慰謝料請求しなければ時効消滅します。

配偶者に対する慰謝料請求は、離婚しない場合は
不貞行為を知ったときから3年以内、
離婚した場合は、離婚の成立した日から3年以内で
慰謝料請求できることになります。

時効が迫っている場合は、とりあえず内容証明郵便で
慰謝料請求しておくことで時効を一時的に止めることができます。
しかしその後半年以内に裁判を起こさないと
時効が成立してしまいます。

離婚すると必ず慰謝料請求が発生するわけではありません。

離婚の慰謝料とは、離婚の原因となった配偶者や浮気相手の
違法行為によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償のことです。
離婚原因が配偶者との性格の不一致などである場合は
違法性があるとはいえないので慰謝料を請求することはできません。
また、夫婦2人とも浮気をしているなど
違法な行為が夫婦双方にある場合は、
どちらも慰謝料を請求することはできません。

スポンサードリンク

慰謝料請求の為の浮気調査仕返しに慰謝料請求浮気相手に示談書浮気相手に仕返し離婚後もできる慰謝料請慰謝料請求はどこに相談離婚の方法は離婚協議書とはどんなもの内容証明郵便とは証拠は必要ですか慰謝料請求ができない慰謝料請求はどのように浮気相手にいくら慰謝料請求不貞行為で慰謝料請求

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。