不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法

不倫?まさか浮気されるなんて。どうしよう。何をしたら良いの。浮気相手に慰謝料?初めてのことだし、後悔しないためにも、自分の気持ちを整理をするためにも、弁護士さんのところに相談にいく前に慰謝料請求や離婚のことについて知っておきたい。
不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法トップ

スポンサードリンク

不倫と浮気の慰謝料請求で損しない方法:新着情報

離婚の方法は

離婚を考えています。離婚するにはどんな方法がありますか?



■協議離婚
夫婦で話し合い、お互いが合意し成立する離婚方法が協議離婚です。
離婚方法の中で最も一般的な方法で、約90%を占めます。

協議離婚は、夫婦各々の署名押印、
さらに証人2名の署名押印された離婚届を
本籍地または住所地の市区町村役場へ提出し、
受理されれば成立となります。

最も簡易な離婚方法なので、財産分与や養育費、
慰謝料など金額面での取り決めを充分にしないで
離婚を成立させてしまうことが多く、
離婚が成立してしまうと、再度話し合う機会も難しくなるので、
出来れば離婚前によく話し合い、その内容を
離婚協議書などの文書で取り決めておくとよいでしょう。


■調停離婚
夫婦だけでの話し合いではまとまらない場合には、
夫婦のどちらか一方が相手方の住所地管轄の家庭裁判所に
離婚調停の申し立てを行います。
離婚など家庭内の問題は家庭裁判所の調停手続きを
経てからでないと裁判は起こせません。

離婚調停は家事調停委員と裁判官から成る調停委員会が
夫婦からそれぞれ交互に事情を聞き、お互いが合意して
解決に向かうように話し合いをサポートしてくれます。

慰謝料、財産分与、親権、養育費などに双方が合意できた後、
調停調書が作成され離婚成立となります。


■審判離婚
調停を続けて、離婚には合意したものの調停成立前に
一方が出頭しない場合や、夫婦の意向の違いで
合意しない場合などで、離婚を成立させたほうが
夫婦の利益になると家庭裁判所が判断したときは、
調停委員会の意見を聴き、事実調査や証拠調査を行った上で
離婚を成立させます。

家庭裁判所の下した審判に不服がある場合、
異議の申し立てをすることができ
当事者が審判の告知を受けた日から2週間以内に
異議を申し立てると審判離婚は成立しません。

審判離婚は、調停と裁判の中間に位置する制度ですが、
あまり利用されていません。
調停が不成立になると離婚裁判を起こすか、
離婚をあきらめる場合が多く、
審判離婚をするのは極めて少数です。


■裁判離婚
協議離婚でも、家庭裁判所の調停・審判でも
離婚が成立しなかった場合は、
まず、家庭裁判所に調停を申し立て、
調停が不成立で終わったことを証明する
「夫婦関係調整事件不成立調書」を添付し、
弁護士に依頼して地方裁判所に提訴する事が出来ます。
離婚裁判で勝訴判決を得た場合には、一方が離婚を拒んでも
強制的に「裁判離婚」が成立します。
慰謝料、財産分与、養育費や親権の問題についても
同時に訴えることになります。

裁判離婚が認められるには離婚原因が必要となります。
民法で定める離婚原因としては「不貞行為」「悪意の遺棄」
「生死不明(三年以上)」「強度の精神病」
「結婚を継続できない重大な事由」があります。

離婚した夫婦の約99%は、
協議離婚や調停離婚によって離婚しています。
裁判離婚では裁判手数料(慰謝料の請求額により変動)を
支払うので大きな出費となることや、
裁判期間も長期になったりと大変なことも多いようです。
タグ:離婚 方法

スポンサードリンク

慰謝料請求の為の浮気調査仕返しに慰謝料請求浮気相手に示談書浮気相手に仕返し離婚後もできる慰謝料請慰謝料請求はどこに相談離婚の方法は離婚協議書とはどんなもの内容証明郵便とは証拠は必要ですか慰謝料請求ができない慰謝料請求はどのように浮気相手にいくら慰謝料請求不貞行為で慰謝料請求

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。